徳丸 宜穂/ NORIO TOKUMARU

A park in Madrid/ Porvoo/ Töölö bay in Helsinki


技術経済論・比較政治経済学・企業論・進化経済学の観点から,社会経済体制とイノベーションとの関係について研究をしています.

 

具体的には,次の2つの関連する問題について調査・分析・考察を行っています.1.の方に重心を置いています.

  1. 高齢化,人口減少,知識経済化,新興経済の発展などの,先進諸国に共通する新たな状況に対して,日本以外の先進諸国はどのように創造的に対応しつつあるのか?特に,広義の福祉(welfare)とイノベーション創出を両立可能にする,新自由主義的ではない創造的な対応は可能なのか?
  2. 東・南アジアの新興経済諸国では,どの程度まで,技術・製品開発の高度化が進展しているのか?それを支える「仕組み」(制度・組織・人材管理など)はどのようなものか?この新しい状況が日本企業・産業,また雇用にどのようなインパクトをもたらしつつあり,いかに対応しつつあるのか?

1.では,北欧諸国,特にフィンランドと日本との比較を念頭に置いています.

2.については,主に共同研究や研究室の研究テーマとして取り組んでいます.

 

徳丸宜穂個人の研究・その他については,このページをご覧下さい.

 

名古屋工業大学・徳丸研究室(比較技術経済論・技術経営論研究室)へは,こちらからどうぞ.

 

卒研で徳丸研への配属を希望される学部生各位,また大学院で徳丸研での研究を希望される方(一般学生・社会人学生・留学生)は研究室紹介も是非ご覧下さい.

 

社会人の方で,産業戦略デザインスクール(=大学院社会工学専攻短期在学コース)での学修を希望される方は,下記メールアドレスよりご連絡下さい.

 

見学には随時対応いたします.下記メールアドレスよりご連絡下さい.

 

My English page is here.

My English CV is here.


プロフィール

名工大ウェブサイトでのプロフィールはこちらです.

氏名:徳丸 宜穂 Norio Tokumaru

出身地:埼玉県(旧)浦和市

職業:研究者

研究分野:経済学(技術経済論・比較政治経済学・企業論・進化経済学)

現職:国立大学法人名古屋工業大学 大学院工学研究科・准教授

  (大学院社会工学専攻経営システム分野工学部社会工学科経営システム分野産業戦略デザインスクール創造工学教育課程フロンティア研究院

 

   フィンランド国立労働衛生研究所(Työterveyslaitos)・客員研究員 (2012.2-3)

   一橋大学経済研究所・客員准教授 (2012.4-9)

   アールト大学(フィンランド)スクール・オブ・エコノミクス(Kauppakorkeakoulu) 客員研究員 (2017.8-12)

連絡先:tokumaru.norio at nitech.ac.jp


お知らせ

2017年度 工学部第1部(人間社会)「経済学」受講者へ

シラバス記載に間に合わなかったのですが,次の資料を参考文献として追加します.

比較的平易な英語で書かれ,先進的な理論的内容と現状分析を盛り込んだ,初学者向けe-bookです.

The CORE Project

 

講義内容を補強するために,講義と並行して参照することをお薦めします.

登録をすると,pdfで教科書をダウンロードすることが可能です(無料).

2016年度 大学院「経営管理特論」について

10月5日(水)から開講します.時間は18:00-19:30,場所は4号館7階アクティブラーニングスペースです.

産業戦略デザインスクールの院生(社会人学生および一般学生)はもちろん,あらゆる専攻の院生の受講を歓迎します.

単位にはなりませんが,技術と社会・経済・産業・企業の関係に関心がある,意欲的な学部生の聴講も歓迎します.

 

まずは,ブライアン・アーサー『テクノロジーとイノベーション』(みすず書房)から講読をしたいと思います.技術進化の原理と,それが経済に及ぼす影響にかんして,強力な議論を行った同書は,アカデミックな意味で重要な文献なのはもちろんですが,実務家に対する含意も強く有していることは,同邦語訳本の帯に記された,Google元CEOのE.シュミット氏のコメントが示す通りです.本は購入していただかなくても結構です.

 

シラバスはこちらからご覧下さい.

 

This course deals with important issues on "economics of innovation and new technology" as well as "management of technology", which should be highly interesting for graduate students of engineering. Foreign students are also highly welcome. 

 

The chapters of the following book, a seminal volume on the coevolution of technology and economy with analytical rigor, will be assigned at the class.

Arthur, B.W. 2011, The Nature of Technology: What It Is and How It Evolves. Free Press.

 

Students do not have to purchase the book, as the copy will be distributed at the class.


最近書いた論文


出版した本のご紹介

現在の欧州は,金融・財政危機と,移民・難民受け入れをめぐる対立という,極めて深刻な2つの危機に襲われています.それらの危機への対応はきわめてハイレベルかつ短期的対処が必要な政治経済的な問題です.しかし他面,欧州統合がいわば「現場レベル」でどのような実質的変化をもたらしたのかという問題は,別個の検討を必要とする中長期的な政治経済的な問題だと思われます.本書はまさに後者の問題に焦点を当てた研究成果です.私は,EUおよびフィンランドで現れつつある新しいイノベーション政策である「イノベーションの公共調達」(public procurement of innovation)政策の実施プロセスを検討し,公共部門の役割がいかに変容しつつあるのかを考察しました.どうぞご一読下さい.

 

八木紀一郎・清水耕一・徳丸宜穂(編)欧州統合と社会経済イノベーション(日本経済評論社)

 

 

世界経済の重心が東・南アジアに移動(復帰)するという地殻変動的な変容の中で,情報技術の発展やオフショアリングの進展はどのような意味を持つのか?特に,日本からのオフショアリングはいかなる意味を持っているのか?こうした枢要な問題を扱った本です.私は,日本の金型製造企業がベトナムに進出した事例を分析・考察し,日本からのオフショアリングが「包括的オフショアリング」(comprehensive offshoring) と呼ぶべき新しい段階に入りつつあることを示し,この変化が両国経済にもたらしうる巨大な影響について議論しました.どうぞご一読下さい.

 

Hirakawa, H., Takahashi, N., Maquito, F.C., and Tokumaru, N. eds.

Innovative ICT Industrial Architecture in East Asia. (Springer, 2016)

 

Springer紹介ページはこちら

 

 

制度経済学の観点からする,アジア経済論です.

アジア経済の内包的・持続的発展に必要な制度構築について検討されています.

私は,後発産業発展の新しい型を示唆する事例として,インドIT産業の分析を担当しました.ご一読ください.

 

植村博恭・宇仁宏幸・磯谷明徳・山田鋭夫編『転換期のアジア資本主義』(藤原書店)

制度経済学の視角を積極的に打ち出した,新しい日本経済論のテキストです.私は,企業経済論の章と労働経済論の章を担当しました.ご一読ください.

 

中原隆幸(編)『日本経済の常識:制度からみる経済の仕組み』(ナカニシヤ出版)

グローバル化という文脈の中で,東・南アジアの経済発展をどう捉えるべきかについて論じた本です.どうぞご一読下さい.

 

Hirakawa, H., Lal, K., Shinkai, N. and Tokumaru, N. eds.

Servitization, IT-ization and Innovation Models: Two-Stage Industrial Cluster Theory (Routledge, 2013)

 

 

Routledge紹介ページはこちら


シンポジウムのご案内(@名古屋工業大学・2013年12月11日)

次のようなシンポジウムが開催されます.ふるってご来聴いただけますと幸いです.

 

 

経営トップセミナー 「アジア新興経済のフロンティア:アジア産業経済の新展開と展望
主催:名古屋工業大学大学院 産業戦略工学専攻・名古屋市立大学大学院 経済学研究科
日時:12 月 11 日(水)13:00(受付開始:12:40) 
場所:名古屋工業大学 2 号館 1 階 0211 教室

講演1:13:10~14:10「アジア最後のフロンティア ミャンマーの変化とビジネス展開」
一般社団法人 持続可能なモノづくり・人づくり支援協会(ESD21)
 
 
九州工業大学大学院 情報工学研究院客員教授 黒岩惠 氏
講演2:14:20~15:20 「インド IT 産業の高付加価値化とマネジメントの新展開」
名古屋工業大学大学院 工学研究科 准教授 徳丸 宜穂 氏
講演3:15:30~16:30 「東アジアの経済統合 ~ASEAN と RCEP の視点から~」
名古屋市立大学大学院 経済学研究科 准教授 板倉 健 氏

参加を希望される方は 12月6日(金)までに馬場慶子宛 ご氏名とご所属 (会社名あるいは大学名)をご連絡ください.
問い合わせ先: 名古屋工業大学大学院 産業戦略工学専攻 仁科 健 

シンポジウムのご案内(@福井県立大学・2013年10月26日)

次のようなシンポジウムが開催されます.

 

テーマ:「東アジア企業の製品開発と人材育成」
  日時: 2013年10月26日(土) 13:30~18:00 (懇親会18:30~)
  場所:福井県立大学 共通講義棟1F L104 
  内容:①報告(13:35~16:15)
      都留 康氏(一橋大学教授)「「韓国・中国企業との比較に
            おける日本企業の強みと弱み-『世界の工場から世界の開発
            拠点へ:製品開発と人材マネジメントの日中韓比較』の分析
            結果から」
      徳丸 宜穂氏(名古屋工業大学准教授)「インドIT産業の高
            付加価値化とマネジメントの新展開」
      馬 駿氏(富山大学教授)「中国企業における製品開発と人
            材マネジメント」
     ②パネルディスカッション(16:25~18:00)
      パネリスト:都留 康氏、徳丸 宜穂氏、馬 駿氏
            黒田 一郎氏(一般社団法人 福井県眼鏡協会
                        会長、アイテック株式会社代表取締役会長)
      コーディネーター:服部 茂幸氏(福井県立大学教授)
     ③懇親会(有料)18:00~19:30 
      会場:洋膳やまむら亭 

  お問い合わせ・お申し込み先
   地域公共政策学会事務局(福井県立大学内)
  TEL 0776-61-6000(内線2902)FAX 0776-61-6014
  E-mail: chiiki@fpu.ac.jp

シンポジウムのご案内(@京都大学・2013年7月13日)

以下のようなシンポジウムが開催されます.

 

シンポジウム

転換期のアジア資本主義─豊かなアジアに向かって

 

2013713() 1330

京都大学時計台記念館2階国際交流ホール

 

 

今日、多くのアジア諸国は、自国の低廉な労働力と先進国の資本と技術に基づく輸出主導型成長の段階を脱しつつある。そして新たな成長段階は、国民の所得上昇に基づく内需の成長や技術能力の形成によって特徴づけられる。本シンポジウムでは、次の3つの異なる切り口の報告に基づいて、アジアで現在進行中のこの経済構造の大転換について、議論したい。平川均氏は、この転換をNIEs段階からPoBMEs(Potentially Bigger Market Economies)段階への移行ととらえて、全体的見取図を提示する。徳丸宜穂氏は、インドのIT企業内部の変化に着目して、産業高度化の現状を報告する。厳成男氏は、制度的視点から、輸出主導型から内需主導型への転換を成功させるには、どのような制度が必要かについて述べる。

 

主催:京都大学東アジア経済研究センター

 

司会  京都大学大学院経済学研究科 教授 宇仁宏幸 

 

13:30-13:40

挨拶:京都大学大学院経済学研究科 研究科長 教授 植田和弘 

 

13:40-14:40

講演:国士舘大学21世紀アジア学部 教授 平川 均

 「世界経済の構造転換―NIEs段階からPoBMEs段階へ」  

 

14:40-15:40

講演:名古屋工業大学大学院工学研究科 准教授 徳丸宜穂

「インドIT産業の高度化と知識・人材管理」 

            

15:40-16:40

講演:新潟大学経済学部 准教授 厳 成男

「中国の内需主導型成長への転換は可能か」 

 

1640-16:45

閉会挨拶

 

17:00-18:30

懇親会   会場:時計台記念館2階国際交流ホール

司会 京都大学経済学研究科特任教授/東アジア経済研究センター協力会理事 宇野 輝

開会挨拶 京都大学大学院経済学研究科教授/東アジア経済研究センター長 塩地 洋

 


イノベーション研究会(@名工大)にかんするご案内

 先日,産業戦略工学専攻主催の「MOTシンポジウム」で呼びかけさせていただいたとおり,2012年度前半よりイノベーション研究会を開催いたします.

 実務家・政策担当者・市民に広く開かれた研究会として運営していくことも,当日お話しさせていただいた通りです.

 情報はこちらで告知させていただきますので,「いいね!」を押していただき登録していただけますよう,お願い申し上げます.


国際コンファレンスのご案内(2011年12月23日 @名古屋)

【ポスター訂正】開催場所

(誤)経済学研究科コンファレンスホール

 ↓

(正)文系総合館7階コンファレンスホール

 

詳しくは以下の地図でご確認下さい.「B4」が会場です.

http://www.nagoya-u.ac.jp/global-info/access-map/higashiyama/

 様々な社会経済的問題を内包しつつも,アジア各地が世界の重要なイノベーション拠点になりつつあります.こうした,矛盾をはらみながらの新しい発展をどう捉えたらよいのでしょうか.その可能性と持続性について,インド・中国・台湾の国際比較を視野に議論することを目的とした国際カンファレンスを開催いたします.

 参加は自由です.関心をお持ちの方の広い参加を歓迎いたします.

 

Innovation and knowledge-based development in South and East Asia from comparative perspectives

 南・東アジアにおけるイノベーションと知識基盤型発展:比較の視点から

 

日時:2011年12月23日 9:00-17:00

 

開催場所:名古屋大学文系総合館7F カンファレンスホール

 

主催日本学術振興会科学研究費補助金・基盤研究(B)「アジアの知識基盤型産業発展とグローバル・イノベーション・ネットワークに関する研究」

 

プログラム

セッションI (9:00-11:00)

1. 平川均(名古屋大学大学院経済学研究科)East Asia's economic development and industrial clusters

2. 宋磊(北京大学政府管理学院)From telescoping development to compressed development: Origin of change of development mode and its impact on developing countries’ capability-building and innovative policy

3. 陳信宏(中華経済研究院)A Taiwan's strategy towards knowledge-based economy: Servitization of manufacturing


セッションII (13:30-14:45)

1. Balaji Parthasarathy (International Institute of Information Technology-Bangalore, India) The ICT services industry in Bangalore, India: Its changing structure and characteristics

2. Pavan Soni (Indian Institute of Management-Bangalore, India) 

Innovation in Indian IT Industry: Evolution or Revolution

 

コーヒーブレイク

 

セッションIII (15:00-17:00)

1. Kaushalesh Lal (United Nations University-MERIT, Maastricht, The Netherlands) Export orientation and firms' policy in the era of global slowdown

2. 新海尚子(名古屋大学大学院国際開発研究科)Perspectives of the IT sector in South Asia: Productivity analysis

3. 徳丸宜穂(名古屋工業大学大学院工学研究科)Clustering and capability building in Indian IT industry

 

連絡先徳丸宜穂(名古屋工業大学)

              e-mail: tokumaru.norio at nitech.ac.jp

              Tel: 052-735-7455

 


N-Cube講演会のお知らせ(2011年12月13日 @名古屋工業大学)

次のような講演会が開催されます.参加自由・無料ですのでふるってご参加下さい.

参加申し込みは,有限会社ITO・伊藤克恵氏までお願いいたします.

 

N-Cube第25回講演会

オープンイノベーションは切り札になるのか?

 

日時:12月13日(火)14:00-17:20 その後情報交換会あり(2,500円/人)

 

場所:講演会/名古屋工業大学 51 号館 5111

    情報交換会/名古屋工業大学 校友会館 SARA

http://www.nitech.ac.jp/access/index.html

 

主催:N-cube(名古屋工業大学研究協力会,(財)名古屋産業振興公社,名古屋市)

 

講演内容:

14:10~15:00「日韓中 3 カ国の携帯電話機開発と人材管理: <企業の境界>を戦略的にコントロールする」名古屋工業大学大学院 産業戦略工学専攻 准教授 徳丸宜穂

15:00~15:50「WEB が牽引するオープンイノベーション」

(株)ナインシグマ・ジャパン ヴァイスプレジデント(オペレーション担当) 渥美栄司

16:00~17:20 ※逐次通訳有り 「Open Innovation models in Belgium-Flandersフランダース政府投資局 技術ディレクター Dr. Ben Kloeck

 

17:20~ 情報交換会 (トワイライト・パーティー)